近況報告 Feed

2017年3月 6日 (月)

Image


eoblogは2017年3月31日(金)15:00でサービス終了いたします。

・・・ということになったそうです。

勝手ですよね、運営側も。

余所のブログサイトに引っ越すなり、これを機にヤメるなり、ご自由に・・・らしい。

幾つか引っ越し先の斡旋もしていましたので、ココに引っ越しました。

ただ、画面右上に表示していた「ウェブページ」の機能が使えないサイトのため、欲する情報の書かれたブログページには自力で到達してもらう必要があり、不便になりました。ご容赦ください。私のせいではありませんので。

尚、各ページ文面からの「リンク先」も元の場所に飛んでしまいますので、移転先ページからのリンクジャンプは、上記期間を過ぎるとリンク切れになりますが、同様にご容赦を。気が向いたら修正するかも知れませんが。

2016年1月 2日 (土)

明けましておめでとうございます。

何が「めでたい」のかわかりませんが・・・・

と、いきなりネガティブな事を言っていますが、それはさておき。

■メインPCを新たに組み立て

前回更新から年が明けるまで、かなりの期間ブログ放置していましたが、頻繁に「突然オチる」不調が続いていたPCの再構築(あれこれと手を尽くしましたが、マザーが原因と判断し、新規に組み直しました)に時間がかかり、それどころではありませんでした。

昨年末、12月に、当面の目標の1つであった某所へのツーリングを達成したのですが、記事アップしようとしたタイミングでPC不調がMAXに達したため、現在まで手をつけられなかった次第です。

書こうと思えば別のノートPCで可能でしたが、メインマシンの治療(前述の通り新規PCを組む結果に)を優先させたため、後手に回しておりましたが、近日中にUPしたいと思います。

Dsc_0173

兎にも角にも、先代PCは2011年12月に構築(本格稼働は年明け1月)。それから4年しか持たなかった訳で。今までなら5~6年は使うんですが・・・。

Dsc_0180

第2世代のCore-i7(2600/3.4GHz)から、2015現在最新の第6世代Core-i7(6700K/4.0GHz)に選手交代。ちなみに末尾に「K」のつくCPUなので、オーバークロックモデルですが、使う予定はありません。「K」無しモデルよりベースクロックが高いので選択しただけです。

また、この世代のCPUは当然ソケット規格も違うため、先代PCのハードが使えませんでした。HDD以外は。

ケースも2世代に渡り使い続けたものですが、外観デザインが気に入っていただけで、中の組みにくさがネックでしたので、これも評判のいい「組みやすい」ケースを新たに使うことに。

Dsc_0187

マザーが変わることで、メモリもDDR3からDDR4にせざるを得ませんでした。

Dsc_0197

「ここまで来たらメインドライブも変えてしまえ!!」という事で、ヘビーユーザからすれば「今更??」と言われるかもしれませんが、メインのストレージ(OSをインストールするドライブ)をSSDにしました。SanDiscの480GBモデルです。中途半端な容量ですが、容量単価あたりのコストを考えると割安なのに品質スペックは悪くない。

Dsc_0182

てっぺんを目指すならM.2規格のSSDを・・・ですが、そこまでの転送速度は求めていませんし。選択したマザーはM.2にも対応しているので、M.2規格のSSD価格が下がってくればこの先わかりませんけれど。

そして最後、OSも「固執して」使っていたWindows7からWindows10(最新ビルド)へ切り替えました。SSDの恩恵もありますが、起動スピードが劇的に速くなったのには驚きました。

7に慣れてしまっているので、8.1の使いにくさに辟易してアップグレードせずにいました。

ですが、XPのようにいずれは7も「完全サービス終了」して骨董OSと呼ばれる日が来るでしょうし、大型アップデートしてかなり使い勝手が改善(敢えて「向上」とは言いません)されたようですし、メインマシンに入れてしまえば「使わざるを得ない」という状況に自分を追い込んだ訳です。

まだまだ慣れていない部分もありますが、そこそこ今までと同じように使えるようにはなってきました。

普段動画をタレ流し再生しているノートPC(VAIOとACERの2台)は7のままです。不具合もないので、敢えてアップグレードの必要もないと思いまして。

As3830t_lft

715lqrfokpl__aa1500_

ほかにも8.1だったリビングの家族用ボードPC(VAIO)も同様に10に切り替えて、自分のアカウントを同期させたりと、自宅のPC環境を整えるのに今まで掛かっていた訳です。もっとも、まだ完全に整ってはいませんが。

Dscf6174

ああ、2in1のタブレット(ASUS)もWin10に変更しました。タブレットモードで使うには合理的ですので。

Dscf6681

結局何が書きたかったんでしょうか・・・自分でもわかりませんが・・・

気が向けば更新する程度のブログではありますが、

今年もよろしくお願いいたします。


Pc2011_vs_pc2016

2015年7月18日 (土)

最近の「帰社後の時間」は・・・

専ら、畑仕事です。

・・・といっても、農耕ではなく、除草整理の毎日でしたが。

遡ること去年の6月・・・

自宅から歩くこと500m位の場所にある畑なのですが、

Dscf6651

Dscf6655

親父が脳梗塞で倒れて以来、放ったらかしていたため、こんな状態になり・・・

Cimg0049 同年7月、身内総出で草むしりをしたのですが・・・・

中途半端に雑草を残してしまったために、今年の初夏には、もっと酷い「草ぼーぼー」状態になってしまいました(あまりのショックに写真を撮り忘れ)。

またしても、近隣への害虫対策(蚊や毛虫など)をしなければならず、日中の空いた時間(涼しい時間)を狙って少しずつ作業をしていました。親父が動けない(出歩く程度は可能)ため、殆ど私一人での作業です。誰も手伝う気が無いようで・・・。

ここから更に時間を作ってサイクリング(ヒルクライム)に行くのですから、文字通りの「貧乏暇無し」です。人生の半分を過ぎた体には堪えます。

Dscn1132

Dscn1119 なんとかここまでこぎつけました(北向きに撮影した写真です)。トタン板の垣根から垣間見える南側部分、「マルチ」と呼ばれる黒い遮光シートの所には、遅植えのキャベツとブロッコリーの苗が植えてあります。日中は仕事があるので本腰を入れた畑仕事が出来ないので、この程度で済ませていますが、自宅の庭ではプランターにてキュウリ、トマト、ピーマンを育ててます。

奥に見える大木は「栗の木(しかも2本)」で、ここもうちの土地です。

去年は、すごいことになっていました。

Dscf6647 栗の木の枝葉なのですが、葉っぱがほとんど有りません。

Dscf6650 花が咲く前に青虫の大群に喰われてしまい、この年は全く栗が実りませんでした。

流石に放っておけず・・・・

Dscf6661 大仕事です・・・(写真A)

アゼ道に突きだした邪魔な枝葉の剪定や害虫駆除、雑草除去などを行い、

Dscn1120

Dscn1123既出写真(写真A)とほぼ同じ時期・同じ場所から撮影した今年の栗の木です。 

二年がかりで、ここまで戻しました。

日陰を作らないと、一気に雑草が生えてしまうのですが、ジメジメした土壌のままにしておく方が害虫発生を増大させそうで、住民への影響上、余程危険です。

因みに、この写真を撮った位置の真後ろには民家があります。

周囲に家屋がない開けた土地ならば適当に放っておくんですが、やはり人家に迷惑を掛けないよう責任は果たさないといけませんね。

例年以上に日焼けして真っ黒になりながらの作業でしたが、努力の甲斐あってか、殆ど青虫の被害も被らずに済みました。

今年は、栗拾いが楽しめそうです。

Dscn1127

 

2015年1月 2日 (金)

1台、眠りにつきました。

・・・と言っても「壊れた」とか「手放した」とかではありません。

保管場所確保の為に1台、自転車用梱包箱に納めて片付けただけ。

Image センチュリオン HYPERDRIVE 1000

フレームセットを購入して、手持ちパーツで組み立てたバイク。

更新停止していた頃のものです。短期間に3台増えた中の1台で、サイズも良い感じでしたが、同型フレーム2つめで少々物足りない感もあって、殆ど乗らないまま放置。

恐らく、自分では2度と乗らないだろうと考えた末の決定です。

「オクに出せば?」なんて言われそうですが、私は「買い手専門」で、売ることは考えないタチなので。パーツ等は知人に譲るなど、旅立ったりしてはいますが。

サイコン、ライト、バッグなど、本体以外のパーツを外してからエアパッキン(俗に言うプチプチ)で養生し、前輪だけ外した状態で梱包。

その際、このバイクに付いていたパーツで唯一「105グレード」だったブレーキセットをREN20(ジュニア号)のTiagraと交換し、完全なグループセットになりました。

箱自体もそれなりに大きいですが、上に物を置ける(予備ホイールの箱x2+HYPERDRIVE500フレームの箱)のでスペース確保には都合が良いんです。

ともかくこれで1代分の保管場所が確保できました。

結果的に、2つあるHYPERDRIVEフレーム両方が眠りについてしまいました。

ろくに乗ってあげられなかったけど、いままでご苦労様。いつか来るかもしれない「その時」まで休んでて下さい。

2015年1月 1日 (木)

明けました。

おめでとう・・・なのかな。

Image 今年はどんな一年になることでしょうか。

今年こそは、「イジリよりも走り」の多い年にしたいんですが、はたして有言実行となるか?!

2014年11月 3日 (月)

市民祭り

Dscf7101

 今朝から、4台、チェーン洗浄です。しばらく放ったらかしだったので、走っていて重く感じてました。

洗いついでに変速調整も行ってます。

Dscf7103 適度に注油もして綺麗になりました。因みに一度たりとも水掛け洗車した事ありません。

「専用ケミカルの拭き掃除、注油、ワックス(テフロンコート)掛け、屋内保管」を遵守です。・・・が、流石にチェーンは微量ですが錆が見受けられ始めました(汗

一通り整備も終えて、昼前から市民祭りに出向きました。

Dscf7116_2

午後から、元上司も巻き込んでの近隣ポタ。

Dscf7121 坂を登って一休み。

後はDVDが発売されたばかりの「クローズ・エクスプロージョン」のロケ地を見に行って解散。

土日2日間は悪天候で走れなかったですが、今日は何とか楽しめました。

2014年10月12日 (日)

我が家の自転車

2014現在、ウチにあるバイクは・・・


1.ビアンキ CAMALEONTE INN Alu ALFINE 2009

1 サイズ430mm。私が初めて乗ったスポーツバイク。メインコンポ「ALFINE 8s」を基本に、現行SORAや105のパーツ群で通勤仕様に。


2.D.G. FX02-RTR(改)

Dscf7023 元はドロップハンドルの折りたたみ自転車でしたが、その機構自体を廃してシンプルに、コンビニ仕様へと。クランクはビアンキの物を移植。


3.CBA プレシジョン・スポーツA 2010(改)

Dscf0135 フレームサイズ420mm。言わずと知れたアサヒの「エスケープR3対抗車」。あちらがロード思想なのに対し、エンド幅が違うので完全にクロス向け。これをロード化したもの。基本コンポはティアグラ。サドルはビアンキからの移植で、フォークもフルカーボンに交換して前輪のみキャリパー化。リアはVブレーキ、エンド幅135mmという以外は、下手なロードバイクより性能が良かったりする。


4.GIANT IDIOM改(IDIOM 2 2010)

Dscf1436 2010版のイディオム2をロード化。ハンドル部分の折りたたみ機構も無くし、フレーム本体以外は完全に別パーツに交換してあるバイクです。因みに家にある全スポーツバイク中、最も軽い。搭載コンポは105(5600系ブラック)


5.ルイガノ LGS-RSE 2010

Dscf1452 サイズ460mm。ガノーブランド(ルイガノの中でも更に競技指向に振られたバイクブランド)立ち上げ年のバイク。翌年以降、フレームの値下がりやコンポやホイールのグレード下げ等で価格も下がってしまいましたが、この年は高かった・・・。基本コンポは同じ105でも5600系から5700系に総交換しました。今なお、最もお金のかかっているバイク(汗)


6.GIANT ESCAPE MINI 2009

Dscf1440 母親の近所通いの為に購入。藤バスケットやカラーリングからして明らかに女性向けですが、私も時々乗ってます。4割程度のパーツを交換し、クランクはイディオム2のものを移植。虫ゴムが痛み易くスグに空気が抜けてしまうのが玉にキズ。クロス系ミニベロには珍しくリアエンド幅が130mmだが、ボスフリー式スプロケの為、9~10速化出来ない。


7.CENTURION HYPERDRIVE 500 2010

Dscf0754 サイズ440mm。出向いた大型スポーツ用品店でカラーリングが気に入って購入。元々は3400系SORAですが、5600系105に交換。ホイールも・・・。また、標準でカーボンフォーク装備。

※現在はフレーム状態にバラし、箱に入れて保管中(置き場所が無いので)。


8.CENTURION HYPERDRIVE 1000 2010

Dscf6708_2 カラーリングが違うだけで、HYPERDRIVE500と同じフレームを購入し、余剰コンポのTIAGRAやホイール等で1台に組み上げたもの。因みに1000を完成車で買うと500よりも上です(我が家では逆転していますが)。こちらもカーボンフォーク。


9.ANCHOR RFA5 EX 2011

Dscf1735

フレームサイズ390mm。甥っ子用に購入したのですが、なぜか現在、玄関ロビーのオブジェになってます、勿体ない・・・。元は3400系SORA。現在は5600系105。


10.ルイガノ LGS-REN20 2012

Dscf7018 サイズ350mm。身長128cmの三男坊にも乗れるバイク。WレバーからSTIへと変更。コンポは現行SORA(3500系)。ホイールもディープ化しましたが乗ってる当人はよくわかってないでしょうね。奥に写っているのは改造途中のCBAサイバーギミック(20inch)


11.ルイガノ LGS-CTR 2012

2 サイズは460mm。完成車で買えば約12万のティアグラ・モデルですが、ハンドル・ステム・サドル・シートポスト等が付属した状態でフレームセットを購入し、5600系105で組み上げて武装したバイクです。尚、ハンドル等の付属物は使わず、余剰パーツを用いた第二の通勤仕様車。同じ通勤仕様でもビアンキより快適(当たり前)


番外編 1.CBA CYBER GIMMICK

Dscf7059  サイクルベースあさひの20インチキッズバイク。2012モデルなので、バスケットがプラ製です。泥よけやフレームステッカーの張り替え、リアブレーキ(バンドブレーキ)のキャリパー化等を経て、見た目が別物に変わってます(汗) 因みにLGS-REN20とフレームサイズがほぼ同じなので、並べると面白い。近所で遊ぶ時に乗るバイク。


番外編 2.CBA DUALY

Cimg0308 サイバーギミックに乗り換えるまで使っていたバイク。16インチですが、これも泥よけ等の「走りに不要なパーツ」を排除したため、見た目の印象が違います。


番外編 3.謎の12インチ

Cimg0136 三男坊が最初に乗った12インチバイク。いつの間にか補助輪無しでスラスラ走っていたのには驚きました。近所のダウンヒルでタイヤロックにより後輪をバーストさせた事のある、ある意味すごい自転車。因みにこれでも10kg近くあります。重い。

2014年10月10日 (金)

LGS-CTR 2012

フレーム買いしました。

Dscf7024

Dscf7025 届くまでは、「2012モデル」と知らされていたのですが、よくよく見てみると・・・

Image リアブレーキケーブル(フルアウター)をトップチューブ内部に通す穴の位置が変更されています。

つまり、実は「2013モデル」だった!?

・・・・もしくは、2012モデルの後期ロット(前期ロット?)だとか・・・。謎です。

フレームのデカール等は明らかに2012モデルのものなんですが・・・

どちらにせよ、ケーブルを通す穴は下側に付いてる方がスマートだと思います。

ハンドルやサドル等が付いた状態で買いましたが、多分使いません(汗

センチュリオンHYPERDRIVE500-2010(青/黒)をツルシ装備のSORA(2300系)に戻して普段乗りにし、外した105(5600系/シルバー)をごっそり移植しようかと考えてます。

2014年9月21日 (日)

ガノー(ルイガノ) LGS-REN2 2012

キッズバイクのの中で、恐らく最小サイズのロードバイクだと思います。

写真は箱から出して「組んだまんま」の状態。つまり、7部組みで買いました。

Dscf6843

Dscf6827

他のメーカーのバイクは、サイズが380mmからだったり、タイヤサイズが24インチだったりして、

身長130cm以上必要なものが殆どの中、このREN2は125cmから乗車可能。

ウチの三男坊(小学5年生)は、体が小さく、128cmしかありません。

一般的な24インチのジュニアバイク(MTBタイプ)等を乗り比べてみましたが、何れもスタンドオーバーハイトが足らず。サドルを下限値まで下げてもつま先立ちに。

つまりは、他社の24インチ・ロードバイクは、乗れないという結果に。

そんな中、このメーカーの20インチしか選択肢が無かったわけなのですが、自分自身もガノーのカーボンフレームに乗ってますし、割と好きなメーカーなので、これに決定。

探し始めたのが夏休みの終わり頃だったので、どこも売り切れ。

しかも、希望するカラーリングの「白/青」モデルは旧型なのでさらに捜索は困難な中、1件だけ見つけて、飛びついた次第です。

三重のショップなのですが、定価から1万ほど引いてあった価格から、さらに引いた金額で売って頂けました。たぶん、7部組(つまり組み立てなくてもよい状態で販売する)だったからかな・・・と勝手な想像しましたが。

夜勤明けの数日を使って少しずつ組み上げ。

先日の休みに、練習もかねて近場の公園で、三男坊もロードバイクデビューしました。

組み立て経過は、追々UPしていきます。

2011年9月 1日 (木)

またまた1台、増えました。

前回の近況報告から4ヶ月。

また1台増ました。

・・・と言っても、私のではなく、甥っ子次男のバイクです。

身長が150cm位になったとのことで、普段、勉強や部活を頑張っているので、今回奮発し、国内超メジャー・メーカーの物をチョイス。

 

 

コレです↓

Image1_2

Image2

Image3
 

 

ブリヂストンのアンカーRFA5 EX 2011(最小の390サイズ)です。

アンカーのRFA5最廉価車。ブラックとピンクの二色設定されてましたが、コチラしか在庫がありませんでしたので。

元々のコンポはSORAなのですが、余剰保管していた旧105(シルバー)一式に総交換し、バーテープもピンクに巻き直しました。

言わばRFA5 Equipの旧105バージョンにした訳です。

 

 

Image4

調整の確認も兼ねて、バイク仲間でもある、元上司(彼もRFA5、但しEquip)を誘ってポタリングに出掛けました。

どちらもRFA5、赤とピンクの色違い(サイズ違い&新旧105違い)、写真だけ見ると夫婦でサイクリングを楽しんでいる時のスナップにも見えます(笑

ピンクの方が大きく見えますが、奥手の赤の方がデカいです(480サイズ)。

身長150cmに合わせているため、自分にはやっぱり窮屈でした。

ただ、載った感触は、謳い文句の通り、乗り心地はよく、アルミなのに「カーボン?」と思わせるような、大変しなやか(それでいてトルクもしっかり伝える)なフレームです。

サイズがもう1つ大きかったら「私が乗りたい」バイクです。

 

因みに、両親には「また買うたんかいな・・・」と、怒られました(汗

甥っ子のバイクなんですが・・・

 

最近のトラックバック

アクセスランキング