自転車 Feed

2016年8月 1日 (月)

ステムの長さで何が変わる?!

お久しぶりです。

しばらく更新が滞ってました。怠惰以外の何者でもアリマセン。

・・・と、それはさておき。

とある自転車情報Webマガジンを読んでいると、ステムの長さを調節して姿勢をコントロールするような旨の項が目にとまりました。

かみ砕いて言いますと、

○短いステム

 ハンドルが近くなるので体を起こしたライディングになる。

 つまり、楽な姿勢でロングライド向き。

○長いステム

 ハンドルが遠くなるので前傾がきつくなる。

 つまり、空気抵抗や体幹を意識したレース向け。

・・・ということらしい。

まあ正解だと思います。理屈に合ってますから。

しかし、誰も気付いて無いんでしょうか?

ハンドル操作の感度にも影響すると言うことを・・・。

文面での説明には限度がありますので、図をはさんで解説。

Stem

長さの違う2種類のステム(図では極端な比較図にしてあります)で、ハンドルを左右に切った際のハンドル中心点の移動距離(緑色の弧円)を示した物です。

どちらも同じ角度に曲げているのに、ソコまでに到達するための距離が大きく異なっています。

長いステムにて、短いステムでのハンドル仰角に持って行くために、かなり大きくハンドルを操作しないといけないのがお分かりでしょうか?

言い換えると・・・

○短いステム

 少しの操作で曲がることが出来る。

 ちょっと動かしただけで大きく曲がってしまう。

 ハンドル操作がシビアになる。

○長いステム

 大きく振らないと曲がらない。

 代わりに、多少ハンドルをフラつかせても真っ直ぐ走ってくれる。

 ハンドル操作がマイルド。

あくまでも理屈の話ですが、咄嗟の状況に即座に反応したい場合は短いステムが有利でもありますが、少しバランスを崩しただけで、あっという間に落車する危険も・・・。

この理屈はモータースポーツ(四輪)にも言えることで、スポーツタイプの車や、フォーミュラカーなど、レースをする車種はハンドル径が小さい。最小限の操作でステアリング制御をする為です。

逆に一般車のハンドル径は大きいのが普通で、パワステに加えてテコの原理も働くため軽い力で回せる訳です。また、ステムの場合にて結論付けたと同様、多少ハンドルを左右に振っても(アソビが無いと仮定しても)真っ直ぐ走ります。

・・・と、話を戻しますが、単純に「姿勢を起こしたいからステムを短く・・・」という訳にはいかず、フレームのサイズ(ホリゾンタル換算で考えるのが望ましい)や、シートポストのセットバック値、サドルのレール位置等、トータルで考えないと痛い目を見ます・・・というお話でした。


蛇足ですが、冒頭で紹介したサイトの各種記事内容には、幾つも「納得できない文面」があり、つまり詳しい知識を持った人が読むと、ツッコミ所満載です。

2015年10月 3日 (土)

アルテグラスプロケ(CS-6800[11-28T])の取り付け

超6号に、アルテグラ・グレードのスプロケを取り付けた際の作業内容です。

Dscn1167 CS-6800[11-28T]です。105グレードより12~13g程軽量。梨地の表面処理が綺麗です。

ロックリングがアルミ製となりますが、スペーサーが樹脂ではなく金属製になるため、あまり軽量化には至っていません。

Dscn1168 テフロン系樹脂コーティング剤の「マイクロロン」を吹き付けます。

この樹脂は「熱処理←→冷却」を繰り返すことで被膜を定着させると効果が持続します。

ドライヤーなどで200℃位に十分に熱し、マイクロロンを吹き付け、再度加熱。その後に冷まして定着させますが、これを2回繰り返すのも良いかもしれません。

Dscn1170_2 組み付け後。黒ガノ号では、歯数構成を12-28Tに換えていますが、今回は軽量重視で、そのままです。

尚、マイクロロンを吹き付け定着させているので、表面はサラサラの手触りです。私の場合、チェーンルブ等の油脂類は変速性能が低下する為、塗布していません。別記事予定のチェーンについても同様(マイクロロン定着のみ)です。雨天走行や水洗車をしない限りは錆の心配も有りませんので。

注:一端、定着させると、擦れて目減りしていく以外では、意図的にコーティングを削るしか剥離手段が無いそうです。

Dscn1172 取り付け終了(画像では既にRD仮設置)です。

マイクロロンは、かなり「金属摺動部の摩擦抵抗軽減効果」が期待できる反面、他の潤滑剤に比べて高価であるのが難点ですね。

乗ってみた所で、体感出来るレベルの違いは無いですが、気持ち的に金属摺動の音が静かに鳴っているように感じます。

極端な例で擬音表現すれば、「ジャリジャリ」が「シャリシャリ」に変わった・・・とでも言いましょうか。


2015年9月27日 (日)

夢前~暮坂峠

午後から時間の都合が付いたきんぱぱサンからのお誘いを受け、元々予定していた近郊ポタの目的地を暮坂峠に再設定して出掛けました。

Dscn1436_2

コース途中にある「ヤマサ蒲鉾」の工場です。この辺りの旅行コースにもなる程に観光客にも人気のスポットですが、近場の住人は殆ど立ち寄らない場所でもあります(汗

私も今回で二度目の訪問でした。

敷地に入ると、巨大なカニの爪が出迎えてくれます。

5

 ・

今回のルート↓

4 右下にあるのがヤマサ蒲鉾工場。真ん中付近にあるのが今回の目的地である「暮坂峠」頂上です。

因みに右に括弧で括ってある県道80号線のマーク辺りに、心霊スポットとして有名な「相坂トンネル」があるのですが、祟られるのがイヤなビビリですのでパス。

Dscn1438 峠の麓付近です。北斜面になる坂道なので写真が暗いですね。

基本的に一定斜度のまま登っていくのですが、1つも休憩ポイント(平坦になる所)がありません。

雰囲気は菖蒲谷に近いですが、アチラよりは路肩が綺麗(とは言ってもゴミが散見される汚い道なのは確か)で、1km程短いコース。

2

3_3 菖蒲谷よりは早いペースで走ってみましたが、なんとか足つきもなく登り切りました。

Dscn1442 同じポイント(登ってきた方向に撮影)です。

小休止の後、下りましたが、右ふくらはぎを若干ツリながらのダウンヒルでした。

Dscn1443

帰路の途中、再度「ヤマサ蒲鉾」に立ち寄り、アイスでエネルギー補給してから、「はもちく」「はもてん」を買いました。(写真なし)

また、行きとは違うコースで・・・という事で、2号線まで下って西向きに走り、ポルシェ峠(分かる人には分かる)を北上するコースで桜ダムの峠を抜けて帰りました。

毎回、目的の坂以外にもオマケやデザートとして(笑)途中にある坂も登るのは毎度の事です。

お陰で、いつも、週明けの勤務中、両足の指先をツらせながら仕事してます。指先のストレッチってどうやるんでしょうかね?

今回の総距離は約50km。いまいち伸びてませんが、基本、坂ばかりのコース故に体力的にはキツかった。

SUPERSIX のフレーム

私が入手したのは、2013モデル最下位グレード「6 TIAGRA」の1番小さいサイズである440mm。

Dscn0352

画像では、既にBB30を外してあります。FSAクランクが好きになれないのと、シマノBBで組みたかったという理由です。

実際に初めて見たとき、ダウンチューブの迫力に圧倒された記憶があります。

グレードによりカラーリングが全て異なり、「6」はこの黒マット地に赤ロゴ(部分的にダークグレー)。ですので、遠目に見ても元のグレードが判別できてしまいます。上位機種のカラーリングが好みでしたが、探して見つけたのはこの色でした。

Dscn0353

フレーム本体は、ほぼ公称通りの1052g。フォークは約500g程度で、フルカーボンとしては重い部類なので、折角の軽量フレーム性能を相殺している気がしました。

※比べるまでもないですが、黒ガノのフレームセット(約2.0kg)よりは断然軽いです。

ヘッドチューブも、上下異径+極太ですが、短いため、本当に剛性あるの?という所見でした。

※画像中に写っているホイールは無関係です。

最高のサドル!?

先週、万葉岬リベンジを果たした際、超6号に付けていたサドルです。

Dscn1352

Dscn0745

■VELO VL-1200(生産終了)

チタン製レール。現在はランニングチェンジにてCYCLE PROからCP-1200の型番で売られています。公称値186gですが、かなり鯖を読んでいるので注意(実測値は大凡198~200g辺り)。

 アルテグラに交換する前、105で組んだ当初から付けていた物ですが、コース40km中、全くお尻が痛くならなかったことに(帰宅してから)気付きました。

約200gの軽量さと見た目のみで選んだ物ですが、私のお尻に合っていた様です。穴あきでないのですが、股間への影響も有りませんでした。

黒ガノよりも1周り小さい440サイズのフレームで、姿勢が若干違っていたのかも知れませんが、自覚の無いまま骨盤を起こした姿勢で乗れていたのかも知れません。

因みに、私的には体格に合致したサイズが440なのを最近になって分かってきました。水平換算トップチューブ長も、適合値が約500mm位なので。


2015年9月22日 (火)

万葉岬リベンジ

1ヶ月以上自転車に乗ってませんでした。

都合が付く休日に限って雨天だったり、(深夜勤明けで)体調が優れなかったりと、機会に恵まれなかった・・・というのは言い訳でしかなく、単に怠けていただけでした。

ということで、シルバーウィーク終盤の今日、以前に完敗した万葉岬に再挑戦。

秘密兵器(最終兵器)のお披露目と、性能評価をかねて・・・・。

結果としては登頂成功。リベンジは果たせました。

Dscn1431

お気づきでしょうか?

いつものバイクではありません。本気モード(100km越えライドやレースなど)でしか使わない予定で組み上げたニューカマー(第14使徒)です。

フレームはCANNONDALE SUPERSIX2013モデルの最下位グレード(ティアグラ装備の「6」)です。詳しい方ならカラーリングで直ぐに分かったのでは無いかと。このカラーは13年の1度っきりでしたし。

実は去年2014の年末には既に組み上がっていたんですが、その後、コンポ(5700系105)をアップグレードしたくなり、少しずつパーツを取り寄せつつ、6800系アルテグラに換装を進めていたらこんな季節になってしまいました。因みにツルシ重量は約6.5kg。

車体の詳細などは追々UPしていくこととして、ともかく、なんとか登り切りました。

海岸線などの写真は撮っていませんが万葉岬です。

前回は往路をさむそのまま引き返しましたが、今回は更に西に向かい、相生市街地まで抜けてから2号線を東に帰路へ。

途中にある「相生市立 中央小学校」の坂道が視界に入ったが最後、登ってみました。

Dscn1432

高台にある、災害時避難指定場所にもなっている小学校。その校門前での1枚。

Dscn1433 見えにくいので、バイクをどけてみました。結構な斜度です。この4倍程度の長さの坂道が下まで続いてます。

この校区の児童は、毎日登ってるんですよね、徒歩とは言え・・・。大変です。

メインディッシュあとのデザート的な坂でしたが、ソコソコ歯ごたえ有りました。

既に正午も過ぎ、おなかが減ってきたので、あとは普通に帰路へ。

Dscn1434 今回乗ったのは、あくまでもお披露目だったので、次回はいつ乗れるか不明です。

体力がどんどん低下しているので、バイクの性能が上がっていても、差し引きゼロのような気がしないでもないですが・・・。


Dscn1345

2015年8月16日 (日)

LGS-REN2 謎のスローパンク事象

お盆休み中は、色々と家庭の用事が忙しく、全然乗れていなかったのですが、流石にストレスが溜まるので、三男坊を連れて往復25km程度のプチ・ライドに出掛けました。

Dscn1386 途中立ち寄った馴染みのディーラー(MAZDA)で来店記念に貰った花火を背負ってます。

リュックを持ってて助かりました(笑

Dscn1389

帰宅してバイクのチェックをしていたら、リアタイヤの空気圧が異様に低くなっている事に気付きました。

出発前に7キロまで充填していたのに、明らかに減りが早い。全く無くなっている訳ではなく、4キロ程度にまで落ち込んでいた状態でした。因みにフロントは問題なく7キロ。

外してチューブを取り出し、水を張ったバケツに入れて空気漏れをチェックしたところ、、、、、

Dscn1412_3 バルブの矢印の部分から微量ずつですが泡が・・・

※写真は「問題解決後」の状態

このチューブは、英式バルブ(ウッズバルブ)と同じようにバルブコアが交換できるタイプなのですが、それが何かの理由で緩んでいて、完全に締まっていない状態だったことが分かりました。

因みに、専用工具がありますが、幅を広げられるペンチ(スリップジョイントプライヤー)で回せば簡単に脱着できます。

Dscn1414

エア漏れも収まり、元通り組み付けて、補修終了です。

Dscn1413_2

結局、お盆休み中は、この1回しか走れませんでした。

子供随伴で走ると、どうしてもペースが上げられず、消化不良気味になってしまうのが辛いところ。

Dscn1392

2015年8月 1日 (土)

白浜西山(灘)を登ってみよう

この所、毎週何処かしらの坂を登っています。

少し遠い場所に向かうので、いつもより2時間早くスタート。

今週は、「灘のけんか祭り」で有名な白浜にある「白浜西山」へ向かいました。この山は、けんか祭りの際の御旅所がある山ですが、ハイキング(ちょっとした登山)コースにもなっている山で、ご近所の方も健康のために散歩コースとして普段から利用されています。

Map

※地図写真に付けてある番号は、後述記事の掲載写真を(下り時に)撮った場所です。

■①先ずは登り口(麓)です。

1 坂の左に見える緑の鉄骨建物は神輿が練り歩くのを見物するための観客席。今回写真撮っていませんが、山肌には棚田のように整地された客席で覆い尽くされていて、祭りの規模がうかがい知れます。

因みに、祭り当日、300kg以上ある神輿を担いで、ここから山頂の御旅所(今回の目的地)まで上がります。

■②登って最初のヘアピンカーブ。

2

総距離の1/3程度の辺りですが、ひひの勾配をスマホの簡易斜度計アプリで計ったところ、約16%と出ました。因みに、この坂にはこれ以下の傾斜はありません。しかも、16%はマダ緩い方です(汗

ここを通過した時点で、まだ続く斜度から、残してあったリア1枚を使ってしまいました。変なプライドを持って登るのは危険と感じたため(笑

■③次のヘアピン。

3 パノラマ風に画像編集しています。登り初めから、この調子です。殆ど休憩できるポイントがありません。

自然と落ちるペースのまま、「まだ続くの・・・!?」と内心泣きながらもメンタル面だけで登り続けました。すでに足は売り切れてるんです、この時点で。心肺を維持することのみ優先。

■④更に少し進んだ後の右コーナーです。

4 下っているときに撮影していますので、同伴のきんぱぱサンも写ってしまっていますが・・・。

ここを更に通過した先に、展望広場があり姫路の夜景観賞の名所にもなっているのですが、その後、視界に飛び込んできたモノをみて絶句(というよりも思わず「なんじゃこりゃーーー!?」と叫んでしまいました。)。

■⑤最後のストレート。

5 チラッと御旅所が見えますが、とんでもない傾斜です。しかも一番長い。初盤の16%など問題にならない傾斜ですので、おそらく20%近くはあるはず。

ご近所の方々は、この山までスポーツバイク(クロスバイクが多い)で来られる様ですが、絶対に自転車では登らないそうです。途中の広場に駐輪して、そこからは徒歩。それだけキツい坂であるという事。

更にペースを落としつつ、少し蛇行も加えて、地面を睨みながら必死に登りました。

過去幾つかの「激坂」をやっつけた・・・という経験が無ければ、間違いなく足を着いてしまっていました。本当に、「気合い」だけでペダルを回していたようなものです。

■⑥御旅所です。

6

先着していたきんぱぱサンに遅れること数分、足つきもなく登頂に成功。

総距離は、先週の朝日山と変わらないですが、難度は、完全にこちらが上です。

因みに、初の市川越えライドだったんですが、ここまで来る体力消耗を考えても、よくこんな坂登れたな・・・・自分でも驚いている始末。

Dscn1264 ・

Dscn1262

御旅所からの1枚です。夜には別の景観が楽しめるんでしょうが、車で来るのは勿体ないです。やはり自転車で来ないとね。

Dscn1267


帰りは、平均30km/h越えのハイペース。お昼時に帰宅できたので、三男坊をつれて車での姫路城リベンジでしたが、猛暑日(熱中症予報で「危険」発令されていたほど)のせいで、少しの信号待ちだけで水温計警告アラームが鳴りっぱなし。とにかくロータリーエンジンは高温になりやすいエンジンで、夏場に弱いです。

Dscn1307

Dscn1311

Dscn1334

前回、時間の都合でパスした天守閣観覧。

色々と充実しつつも慌ただしい1日でした。

Dscn1336

2015年7月26日 (日)

朝日山を登ってみよう

近場にあるのに気付かなかった山道です。

太子にある「朝日山」という山。厳密には姫路市網干区最西端に位置する山で、山頂には神社もあります。

先ずは到着しての、坂のスタート地点の1枚・・・。

Dscn1240 北向きに撮影してますが、分かりますか?

まさに「壁」です。知人曰く、「助走しても10メートル程度しか登れないかも?」との事でした。

どれだけ凄い傾斜かというと・・・・

Dscn1244 コレです・・・。

しかも、弓なりに膨らんだ傾斜なので、登り初めが一番きつい勾配です。

Dscn1245 同じ立ち位置から・・・。

左に曲がっていく坂ですが、どう続いているのか見えません・・・が、実際はこの斜度のまま100m程登ります。

当然、0発進でスタート。こんな美味しそうな坂、助走なんてしたら勿体ないです。

それを越えれば中盤しばらく緩やかになりますが、終盤(総距離の1/3程度)ら再度、急勾配に。

前述の知人に「登ってみせる」と予告したとおり、何とか足つきもなく、リア1枚残しのまま攻略成功。

まあ、距離が短かったからですが、確かにキツい坂でした。日中でも生い茂る木々のせいで薄暗いので「暗峠?」といった印象でしたね。

Dscn1242 言い忘れていましたが、坂バカ仲間のきんぱぱサンもご一緒しました。

まだ時間もあったため、東に向かい、桜ダムの坂道を東から(今までは西からしか走ったことがありませんでした)登ってみようということで、もう1本行くことに。

猛暑日、厳重警戒の中、小まめに水分を取りながら熱中症に気をつけつつ目的の坂に。

Dscn1247 西から登っていた時は、結構な下り坂だと感じていたのですが、登ってみたら、以外と楽に(ペース上げ気味+リア2枚残しで)登れました。それほどキツい坂ではありません。

最後に鯛焼きで補給をして、近所のちょっとした坂を「オヤツ」に登って(通過して)帰宅。

総距離35km程度でしたが、この時期のサイクリングは、走っている方が(体を動かしている方が)涼しいですね。当たり前ですが。

2015年7月25日 (土)

LGS-CTRのグループセットを換装しました。

フレームを購入し組み立てて、現在まで5600系105を使っていましたが、次の世代である5700系に総交換しました。

総交換、つまり全パーツを5700系コンポーネントに換えた訳です。

因みに「コンポーネント」という言葉を用いているのは日本だけで、世界的には「グループセット」という呼び方が正しいそうです。

Dscn0863 交換前。

Dscn1229 交換後。

Dscn1230 直付けFDとコンパクトクランクです。通勤号ですので、ペダルはフラットタイプ(軽量型)。

Dscn1233 リアブレーキ。ワイヤー部分に取り付けてあるのは、以前に紹介した「ブレーキランプ」です。

リアブレーキを掛けることで点灯するライト。

Dscn1231 リアメカ。5700ですので10速。RDはテンションプーリーのみアルミプーリーに換えました。

やはりガイドプーリーは純正のままでないと変速性能が低下します。

Dscn1232 ハンドル周りです。内装式ワイヤーなので、見た目はスッキリしますが、摩擦抵抗は増大すると思われるので、ブレーキ・シフト共にテフロンコート系(PTFE)ワイヤーを用いたのに加え、アウター内部にもマイクロロンを注入して可能な限り対策を施しました。

また、先日の「姫路城観光」の時に、一度も補助ブレーキを用いず、「必要ないな・・・」と考えましたので、これを機に取り外しました。99gの軽量化です。これで、自分が乗るロードバイク全てから補助ブレーキが無くなりました。

5600と5700は総重量差が殆ど無いので、結果的に補助ブレーキ分しか軽くはなっていませんが、全パーツがブラックに変わったことで見た目の精悍さは増しました。

Sti

Br

Rd

Cs ※クランクとFDの重さを量り忘れましたが、公称値でも殆ど同じだそうです。

見た目を除いて、機能的には5600にコレと言った不満は無かったのですが、やはり自転車乗りの性ですね。

フロント変速が「重い・ヌルい」のは相変わらずですが・・・。

最近のトラックバック

アクセスランキング