映画 Feed

2010年1月31日 (日)

私的 3大「邦画」

邦画の中で、特にお気に入りなタイトル3作品を紹介します。

 

まず1作目は、

■スウィング・ガールズ

上記紹介の3つ、すべて持ってますsweat02

過去に、短期間ですが音楽関係の仕事していたこともあり、こういうテーマの映画は好きです。

曲のジャンルはジャズ系ビッグバンド。15人程度の人数で演奏をするものです。

最初はヘタクソだったメンバーも、最後にはコンクールで観衆総立ちのスタンディングオーベーションとなる素晴らしい演奏を披露するまでに至る学園映画。

 

 

次は、

■うどん-UDON-

これも何故か両方持っています。現在の愛車購入直後、長距離ドライブで四国に行った際、数件巡って食べた讃岐うどん。以後、とても好きになり、近場でも、美味い店を教えてもらっては食べに行くということをしてました(してます)。

割と有名な邦画ですので内容は割愛しますが、自分で出向いた店(製麺所など)が出てきたりして「ああ、あの店かー。美味かったなー」などと感慨にふけるのも一興ですね。

 

実は・・・、もうすぐ届く?ロードバイクも、ココに行きたくて購入を決めたようなものなんです。

車でなら何度か行っていますが、自転車で行ったことはありません。自分の足で出向いて食せれば、只でさえ近郊で一番美味い店なのに、更に美味いと感じるはずです。

当面の「私の夢」でもありますcatface

 

 

さて最後は、

■シャカリキ!

自転車乗りで映画好きなら、多分知っているでしょう。

これも学園映画ですが、原作はコミックスだそうで。私は一切マンガを読まないので詳しく知り得ませんが、原作のはじめの頃(ユタとの出会い~市民ロードレースまで)を映像化したもので、人物相関関係はかなり違っているそうです。

主人公の輝(テル)が自転車部に入部間もない頃「40万以上するんだからなー」とかいう台詞がありますけど、そんなに高くないバイクですね、多分(^^;

レース中、エースのパンクで、リアホイールを取られてしまったテル君、担いで坂を登っていきますが、力尽きてバイクを下ろすとき、「思いっきりエンドを叩きつけて」下ろしちゃってます。絶対壊れているはずなのに、その後普通にホイールを嵌めて走り出してますが、実際あり得ませんよねsweat01

因みに劇中のコースは、ジャパンカップで有名な宇都宮森林公園で撮影されているみたいです。

 

この映画を観てからは、サイクリング中に坂道に来たときは「坂やー!!」と叫ぶのがお約束になってしまいましたcoldsweats01

■余談■

上記「3大邦画」とは無関係ですが、国産特撮映画で一番好きなタイトルはコレ↓

■平成ガメラ3部作

です。勿論昭和ガメラも好きです。小さい頃、テレビで放映されていたのを観たりしてました。

他の怪獣映画と根本的に違うのは、このガメラは「大の子供好き」であると言うこと。食べ物として好きという事ではないので念のため。身を挺して子供を守ったりする、優しい性格を持ち合わせている怪獣です。

昭和ガメラは、ウルトラマンなど他の作品と同様「怪獣サイズの視点」で描かれているのに対し、平成ガメラは、人間の視点から怪獣をとらえている作品です。つまり、暴れる怪獣の「足下」で逃げ惑う人間たちの描写が多いです。

 

 

最近のトラックバック

アクセスランキング