« 除毛してみました・・・。 | メイン | 誠に申し訳ありませんが・・・ »

2010年5月17日 (月)

アイウェアを買いました。

私は目eyeが悪いので、アイウェアを導入しようとすると、度付きレンズ必須weepとなり、どうしても価格がupハネ上がり、とてもじゃないですが手が出ないアイテムでした。

 

実は昨年末のサイクルモード2009で既に出店されていたらしいのですが、前述の理由で「無くても走れるし今はイラナイや」ということでノーチェックだったアイウェアがあったんです。

コレ↓

Image1

VOLKS(フォルクス)ジャンクションプロデュースという眼鏡メーカーのアイウェアです。

税込み定価が¥10,500という破格値です!! 他のブランドではあり得ない価格。

公式サイトはココ。因みにブランドとしてはVIP系カー用品が主だってますが、ラインナップの「VIPスポーツサングラス」と言うページに載ってます。

VOLKS(株)という眼鏡メーカーの製造で、(当然ながら)元々は本来の眼鏡店に出荷するメーカーでしたが、近年のスポーツ志向(スポーツサイクル・ブーム)に乗っかり、自転車店などにも販売を広げたそうで、他のアイウェアと違い「眼鏡メーカー」という強みで、低価格を実現しているとの事。

 

何か高そうな雰囲気を醸し出している専用ケースですが・・・

中身は・・・

Image2

購入したのは2眼式(JPS-2)のブルーフレーム。

内容物は、フレーム本体(レンズ1組差し込み済み)、交換レンズ4セット、清掃クロス、ハードユース向けストラップバンド(ヘッドベルト)、フレーム収納巾着、取説、単焦点度付きレンズ申し込み用紙

 

度付きレンズは、付属の申込用紙に視力計測値等を記入してFAXするか、専用申し込みWEBページからもOK。後日郵送されてくるシステムです。※初回のみ無料

私は、ビアンキを購入したショップが取扱店ということもあり、そこで購入し、簡易計測器で計った数値を用紙に書き込んでFAXして貰いました。

※簡易計測で不安な方は、眼鏡を作った際のショップ等で正確に計測して貰うのをオススメ。

Image3

内部に度付きレンズをはめ込むインナーフレームが付いています。

ここに装着するわけですね。

レンズ到着まで使用できません(裸眼で走るのと同じ事になるので)が、装着して涙目が回避できるか試すのが楽しみですcatface

 

試しに装着してみました。

Image

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/458449/24165836

アイウェアを買いました。を参照しているブログ:

コメント

このアイウエアはちょっと気になります。
だって、値段が安いww

ちなみに僕も目が悪いので、今は1DAYコンタクト+サングラスです。
でも、1DAYも結構高いので、ちょい乗り時はメガネですが、ダウンヒルが涙目になってツライ…
という事で、インプレ期待です。

こんばんは。
購入したショップも、サイクルモードでのメーカー説明会で直に話を聞くまでは、「オイオイこんな値段で(品質は)大丈夫か?!」と疑っていたそうです。

眼鏡メーカーとしては実績のあるトコロらしく、スポーツサングラスも眼鏡専門店向けに製造しているそうで、単純に「眼鏡店向け価格のまま」で自転車専門店でも販売するようになった・・・というだけのことらしいです。

そういゃ、昨今の眼鏡店の価格破壊には驚いてます。度付きで1万円以下なんて当たり前の世界になってますから。

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング