« IDIOM 2 ペダル交換 | メイン | LGS-RSE 事件です・・・ »

2010年5月 3日 (月)

LGS-RSE ハンドルコラムのカット

何度か乗っているウチ、姿勢も煮詰まってきたので、突き出しているコラム部分をカットすることにしました。

Image0

購入時からステムの位置を変え、上に10+5mmのスペーサーを移動させています。

この部分を無くす訳です。

因みに、スペーサー全部を下にした場合のステム位置は、奇遇にもビアンキと同じ高さでした。つまり、画像状態で、ビアンキより15mm低い事になります。

 

ステムを抜き取りました。

Image3_3

カーボンバイクですが、コラム管はアルミ製。コストを抑える為か、当然ながらアンカーはスターファングルナットです。

ステムを抜く前に、マーカーで目印線を書いておけば、その線から3~5mm下をカットすることになるので合理的?です。

 

アンカーを奥に押し込む(圧入する)ために必要な工具がコレ↓

Image1_3

パークツール スレッドレスナットセッター/TNS-1 Y-8160

です。金属の塊ですので結構な重量感があります。

使用頻度が少ない工具の割には(というか特殊な工具だからか?)、結構な値段です。

コラム内径にピッタリな鉄パイプでも持っていれば、真っ直ぐ圧入する事も可能(それでも力学的に見ても難しいのですが・・・)でしょうが、専用工具に勝る物はありませんね。

因みに、めばるサンが安あがりな方法での圧入をされています。参考にして下さい。

Image2_3

使用工具たち。写っていませんが、他に、打ち込むための金槌も必要です。

 

ここで、問題があることに気付きました。

下記画像参照↓ 

Image4_2

カットしたいラインでパイプカッターを用いても、アンカーの下側の羽根?が刺さったままになります。つまり、切断しても取れない事に・・・。

カットするラインがもっと下なら、アンカーごと切断したパイプが取れるのですが・・・。※但しアンカーも捨てることになります。

と言うことで、ナットセッターを完全に差し込まず、コラム管と隙間を空けた状態で打ち込み、干渉しない深さまで押し込む事に。

今回の場合、たまたま、少し押し込むことでカットするラインのちょっと下まで「アンカーの上側の羽根」を移動させる事が出来ました。

Image5_2

前述した通り、目印線の少し下側をカット。これは、トップキャップでヘッドパーツを締める際の余裕を持たせるためです。

 

カット後、ナットセッターをアンカーに「奥までねじ込み」ます。

Image6

ナットセッターの頭を金槌でど突けば、少しずつ奥へと圧入されていきます。

※今回、フォークを抜かずに行いましたが、本来は抜いて作業すべきです。

ど突く力加減を間違うと、ヘッドパーツやフォークが破損する恐れがあります。特にカーボンバイクは要注意!。

 

Image7

最後まで圧入させると、こんな感じです。真っ直ぐ入っていれば、ナットセッターとコラム管の隙間が全周に渡り無くなっているはず。

 

Image8

ナットセッターを抜くと、アンカーが15mm奥に入っているのが確認できると思います。

これが適正な深さだそうです。奥過ぎると、トップキャップのボルトが届かなくなる恐れも。

 

Image9

ステムを取り付けて作業完了。突き出しが無くなってスッキリしました。

 

Image10

11gの軽量化です。

 

尚、今回の作業は「アルミ製コラム+スターファングルナット」であるが為に行った事で、アンカーがカーボンコラム用(プレッシャーアンカー)であれば必要ありません。コラムカットだけでOK。

この作業を機にプレッシャーアンカーに換えようかとも思いましたが、スターファングルナットの方が軽いですし、そのままに。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/458449/24044589

LGS-RSE ハンドルコラムのカットを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング