« 次期ロードバイクにむけての準備(その8) | メイン | ビンディングシューズ(SpeedPlay)のインプレ »

2010年1月17日 (日)

遂にビンディング・シューズを買いました!

  

遂に買ってしまいましたheart04

 

Image0

SPLシューズ(シマノ/SH-R086BSE[幅広型]/ブルーシルバー/SPD-SL&SPD対応/サイズ:39[24.5cm])

SH-085の後継モデルである086です。末尾の「BS」はブルー/シルバーの略。「E」は幅広(+甲高)であることを意味します。恐らく海外規格表記でいう所の「Extra」の「E」ですね。

※後で気づいたのですが、めばるサンのロードシューズと同じ物ですね。私のは数量限定の追加モデルで、カラーは違いますが。

 

Image1

サイクルモードで視てもらった通りの39サイズ(換算値24.5cm)。

 

Image2

画像注釈の通り、SPD/SPD-SLどちらにも対応(勿論LOOK型もOK)しています。尚、つま先に開いている通気穴は、冬場寒くなるため、エアキャップの切れ端を丸めてねじ込み塞ぎました。

 

3本ベルトでラチェット式のため、脱着は容易です。フィットも容易。試着してみましたが、幅広でもまだきつく感じます。はいているウチに馴染むと思うのですが・・・・。

 

 

さて、ビンディング・シューズを買ったということで、当然、ペダルも買っています。

 

 

   どのタイプかと申しますと・・・

 

 

 

 

 

コレに決めました↓

Image6

スピードプレイです。

・SPDペダル(スピードプレイ/ライトアクション/クロモリシャフト/ブラック)

 サイクルベースあさひの特集記事はコチラ

 シクロワイアードの特集記事はコチラ

 

Image7

軽いです。因みに、カラー展開されていますが、「・黒」しかなく、使っているウチに汚れてくることもあり、黒を選択しましたscissors

 

踵を左右15度ずつフリーで動かせる上、(敢えて)バネで制御していないので、足首や膝に負担がかかりにくい

ペダルが極小のため、コーナリング時のロードクリアランスが稼げる。また、両面キャッチが可能であり、ペダルにテーパーがあるのでクリートがスッと指定位置に来るため、足下を目視する必要がない。

逆にクリートが大きく、ソール全体で踏み込んでいる感覚が得られる

クリートの調整が簡単である。

 ・スペーサーで前後に調整。角度調整不要(というか出来ない)。

 ・クリート本体で左右(Qファクター)調整(これも角度調整不可というか不要)。

何故、角度調整が不要かというと、ペダルが丸いため、キャッチ時に随時調整出来るからです。最初に述べた「15度フリー」の恩恵に預かれる。レース志向ならば安定性重視で角度固定した方がよいのだと思いますが、ツーリング目的ですのでpaper

 

スピードプレイの中で最も「初心者向け」に位置しており、このライトアクションは、リリース時の「バキッ」というショックも少なく、スーッとフェードアウトするように外れてくれます。

 

 

■部品構成

Image8

1.前方側シム(タイプ2)※タイプ1は、予めスペーサーに付いています。

2.後方側シム(タイプ2)※同上

3.シムのシム(更に調整が必要な場合に挟みます)

4.ネジ類(左からクリート固定皿ネジ、スペーサー固定皿ネジ2種(どちらかを使用します))

5.スペーサー(タイプ1のシムが付けられています)

6.クリート本体(これのみ左右指定あり)

 

まずはスペーサーをシューズに取り付けます。二種類のシムのうち、どちらも似たように感じたのですが、付属のタイプ2に交換しました。この時、付いていたシムを割ってしまったのは内緒bearing

 

Image9

赤線の所が、丁度母指球がくる場所です。コレにあわせて、スペーサー(中心位置表示あり)で前後調整するのですが、目一杯下げた状態でコレですcoldsweats01

因みに、必ず「グリスアップ」を忘れずに!!

 

Image10

 

本体取り付け。シューズの左右と、クリートの左右を合わておかないと、ペダルへキャッチできませんので注意。ちゃんと「L」と「R」の刻印があります。

ホビーレーサーなどでは、Qファクターの広がりを嫌がりますが、私は敢えて「最も広くなる」ように位置調整しました。クランクとの干渉を避けたいからです。

 

 

Image11

ペダルに嵌めてみたところ。

Image12

スタックハイトは11mm。意外と近いです。

 

 

良いことずくめではなく、悪い点も・・・・coldsweats02

1.超「歩きにくい」こと。クリートが大きいので当然なのですが。

2.クリートが割高であること。平均して6千円チョットします。高いです。金属製なので、耐久性はあると思いますが。

まぁ、こんなのは欠点のウチに入らないと思いますけれどconfident

 

さて、次回にて、この「欠点??」を解消する為のパーツ紹介と、試走した感想を書きたいと思います。

お楽しみにgood

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/458449/22944085

遂にビンディング・シューズを買いました!を参照しているブログ:

コメント

こんにちは。
色違いの兄弟ですね^^
こんな青色があったなんて、知りませんでした…

で、スピードプレイですか…
結構いいらしいですよ^^
僕的には裏表がないのが羨ましいです><

それと、最後の欠点解消グッズはなんとなく想像できますよ( ̄ー ̄)ニヤリッ
例のアレですよね♪

こんばんは。
シューズは、値段と、設定サイズ(39/幅広アリ)の中から、割安と感じて決めましたscissors

スピードプレイ、良いですよーコレhappy02
クリートのバネが馴染めば(20回程度脱着を繰り返せばOK)、ホントにすんなりとキャッチ出来るようになります。
クリートの広い面積すべてが「踏み込み面」に相当するので、靴底全体で踏んでいるようなダイレクト感があります。
次にペダルを買い換えるなら、絶対にお奨めですgood

コメントを投稿

最近のトラックバック

アクセスランキング